取りっこ

我が家にだってオモチャはあります。

他のお家に比べたら、安物ばかりだけど、
平均的なイヌ飼いさん家庭よりは
多いんじゃないかなあ。

でも…今日ルカとプントが取り合ってるのは、
おもちゃではなく、牛乳パックの切れ端。
いつだったか、プントがビリビリにしたものが、
何処からか出て来たのです。

でも、どうしてこんなものが嬉しいの?





夢中になって取り合うほどのものじゃ無いのに、
おかしいですよね。

取り合う相手がいるからこそ、
魅力的に思えるのかな?
それとも、牛乳の香りがするのかな?

最初、ルカが遊んでいたものを、プントが欲しがったのよね。



あら、お澄まし顔?

アタチ、そんなの欲しくないもーん、って感じ?



大人になると、素直に欲しいって言わなくなるけど、
ムキになっていたの、しっかり見てたよん?

ドライヤー、イヤー

プント君、ドライヤーが嫌いです。
一度、シャンプーの時に使って懲りたようです。

それ以来、そろそろ私が髪を乾かすだろうタイミングになると、



ここに避難します。

が!

昨日のレッスンで、プントの逃げ体質を先生に指摘されたので、
今日はリードを付けて、足元で伏せさせてみました。


ずーっと震えてるw

ほめて、おやつもあげてみたけど、おやつも食べないし。

隙を見て逃げ出しちゃった。←馴致の訓練なのに最悪



立て篭り、なうw



もう終わったから出ておいでって言っても、
こんな目して震えてました。



嫌なものからは逃げられる癖をつけないように、
明日からも毎日続けないと。

ガブも、子犬の頃ドライヤー大嫌いで、
シャンプーした後は二人掛かりだったなあ。

それが、いつからか、必要ない時にもドライヤー見ると
身体すり寄せるくらい好きになったのよね。
だから、ドライヤー嫌いについては心配はしてないけど、
逃げ体質はいただけない。

だから、心を鬼にして治すぞー。

ピンク

母に抱っこされるのが大好きなルカ。

母もまんざらではないらしいけど、
時々、「ママに入れてもらいなさい」と言われて返されますw

何を入れるかと言うと、口元のピンクのいぼいぼ。
これが、どうにも気持ち悪いらしいですw



んなこと、ないと思うのは、ひいき目なのかしらねー?

気持ち悪いと言われるなんて、母としてやや不憫ですw

今日のルカプン



プンちゃん、お風呂を覗きに来た。

少しでも姿が見えないとすぐ探しにくる完全なマザコン。

が、分離不安って感じでも無いのが、ちょっとガブと違うところ。

おおきくなったよ

最近、ですね、
ルカが可愛くて仕方ありません。



フレーズも綺麗に入ってて、バランスいいでしょ?

パピコの時はちょっと斜視だったけどそれも無くなったし、
毛も体も柔らかくてフワッフワ。

スタンダードとはちょっとちがうけど、ボストンテリアってことは間違いない存在です。

で、コヤツ。



可愛いけどね、
ボストンなのか何なのか、わかりませんねー。



もう9ヶ月だから、そろそろ成長も止まるかな?

やはり、大きさ的にも一番小さい子になりそうです。

おマヌケちゃん

ご無沙汰してます。

年末以来、なんとなくバタバタしていて、
加えてパソコンを寝室に移動してしまったので、
ブログ書くのもますます腰が重くなりまして。

実際、腰回りは確実に成長していますし。

でも、そんなぐうたらな毎日ですが、
可能な限りレッスンには行っています。

私にとって、唯一の楽しみだし、体を動かすことも、ストレス発散には大切。

実際、ストレスで張り裂けそうです。

ま、そんなこんなは置いておいて


今日はルカのAG練習、続いてプントのオビ練習をしました。

んー、なかなか難しい。

アジにしてもオビにしても、私のハンドリングが稚拙過ぎる!!

それに、プントの自主練ほとんどしてないから、
座れも伏せもしなくなっちゃったという困ったことに。

気を引き締めて頑張らないと。

今日は朝のウチは暖かかったけれど、
だんだん風が出てきて寒くなりましたね。

雲一つない青空だったけど、プントは震えてました。



顔が半分しかないけど、なんか気に入ったので、これにしましたw

プントという奴は、あのおマヌケな顔のせいで、
何をやっても笑わされるというか、許しちゃうというか。



当たり前のように乗ってるしw

ルカもプントには本気では怒らないところを見ると、
同じ気持ちなのかもしれません。

プントが我が家家に来てくれて良かったと、心から思います。

ここにガブがいたら。
そう思わない日はないけれど、ガブいた頃以上に、
ルカのことが可愛くて可愛くて仕方ないし、
プントのことも愛しいです。

プントはガブが私の所に遣わしてくれたおマヌケ天使なのかな。














まだあるよん

7日に予定していたプントの去勢手術は
延期になりました。

前の晩に少し吐き気があるような様子だったので、
念のためそれを先生に話したところ、
先生がお腹を触診して、
「どうやら胃の出口が痛いようですね。」って。

なので、消化を助ける薬をしばらく飲んで、
それからオペラってことになりました。

ガブの事もあるので先生に、
絶対生きて返してねって、うるさく言うので、
慎重になったのかも?

そういう事で、プントのタマタマちゃんは健在です。

オペ予定日、病院に着いて服を脱がせたら、
なーんと、プントったらガリガリ。
服を着てるから気づかなかったのですが、
体重も一月前から増えてなかったし、
あばらが浮いてます。

アヤツ、一時もじっとしてないから、
カロリーの消費がハンパじゃないみたいです。

去勢したら太らないように注意しなくちゃだからと、
先日からプントのフードをジュニア用からアダルトに変えたばかりなのだけれど、
もう少し太らせないとね。

と、身体の方は少し生育不良ではありますが、
こっちは着々と進んでおります。

マザコン化計画(笑)

ガブがモーレツなマザコンで、
どんな時も私のそばから離れなくて可愛かったので、
プントもマザコンにしようと目論んでいたのです。
その目論見通り、いつも私の後を追いかけてる子に育っています。

料理をしてれば、シンクに手を掛けて
何をしているのかと覗きこみ、



ベッド脇の机でパソコンを弄っていれば
ベッドに乗って前足を私の肩にかけてこっち向いてって呼ぶし、
トイレに入ってもこの通りついて来ます。
でも、まだガブみたいに顔でドアを開けるという奥義は習得していないので、
こうして前で待っているだけ。



ガッちゃんは、ふんっ!って大きい顔でドアを開けて入って来たなー。




こうしてガブの事を思い出してみると、
もう一年半も会っていないのに、
全くそんな気がしません。

私がガブのところに行くまで、
ずっとこのままの感覚が続くのだろうな。

そんな気がします。

私、心底愛してしまうと、長いんですよねw







明日からは…



着実に大人の階段を登っているプント君。
明日、去勢手術の予定です。



実はプントは半陰嚢で、一つしかタマタマが出て来ていません。
ノーマルなら去勢しないでも良いかなと思っていましたが、
病気の予防のために、去勢を決めました。

ガブの時はいつも手のひらで包んで楽しんでいたのにw
プントのは触った記憶が無いなあ。

今夜、しっかり触っておこうと思います。
明日にはなくなっちゃうもんね。

追伸

決して、私は変な趣味はありませんw

最近のルカプン

サボってますが、元気です。

このアパートに引っ越す時に買った、
ガブと私のラブソファ。

眠くなるとホリホリする癖のあったガブが掘って、
穴が空き掛けていたところを、プントがガッツリ掘って、
中のスポンジまで掘り起こしてしまったので、
とうとう新しくしました。

最期に帰って来てガブが横になったこのソファは捨てたくなかったので、
ずっと買い換えられなかったのですが、
同じデザインの三人掛けのソファを見つけ、
購入する決心がつきました。

どう?



何だか、前と変わらない感じで嬉しい。

二人掛けだと、私とルカとプントでお昼寝するのは辛かったけど、
これなら一緒に寝られます。もちろんガブもね。

そんなソファの搬入日、ルカは偉そうに高いところでリラックス。



プントはプントで、相変わらずお間抜けちゃん。


我が家は平和で穏やかです。


我がフィールド

 bbb.jpg

写真はプントが写ってますが、主役はプントじゃありません。

ここ。この雑草が生えた、ボロいブルーシートでくるまれた物体のある
この場所が、私が練習をしているフィールドです。

ブルーシートにくるまれた中には、アジリティの道具である
Aフレームやブリッジ、シーソーやハードル、トンネルなどが
格納されてはいますが、私たちがアジリティを始めたころに
ハードルは手作りで、Aフレームやブリッジは当時のお仲間のご主人が、
トンネルはどこかの幼稚園で使わなくなったものを再利用し、
シーソーは、使えそうな台座を見つけて、別のお仲間のご主人が作ってくれたものです。

つまり、アジリティがやりたいという気持ちに突き動かされた人たちで
一つ一つ作ってきた手作りの機材たちです。

でも、すでに7年近くが経過して、いろいろなものが朽ち果てつつあり、
今となってはハードルが数本と、トンネル、かろうじてシーソーが
使えるだけです。

そんな中で、私はレッスンをしていただいています。

本当にアジリティがやりたいなら、環境の整った、
レッスンも確実に受けられるスクールに転籍するという方法もあります。
それに、もっと練習したいなって気持ちがないわけではありません。

でもね、やっぱり私はこのフィールドで、あの先生の指導を受けて、
アジリティがやりたいなって、先日の競技会で改めて思いました。

この1年近く、きっちりとしたコースを作るのは無理なので、
ハードル数本を使っての基本練習がメインになっています。

大きく回す、小さく回す、距離を取る、などなど、
地味な練習が続いているし、
正直なところ、Aフレームやブリッジ、シーソー、ソフトトンネルなどは、
競技会の時にしか使うことがありません(笑)

でも、私が続けていきたいアジリティには、これで十分なのです。

先日クリーンランして昇格を果たした時の走りも、
一つ一つのポイントは、みな基礎練習でしてきたことでした。

一つのハードルをどう飛ばして次にどうつなげるか、
私の欠点、ルカの特徴・・・そういう小さい事柄を
一つ一つ把握して、指摘して、改善の為の練習をするには、
ハードルが数本しかなくても、タッチ障害の機材がなくても、
練習に事欠くことがないのです。

時間がないとか、機材が壊れてるとか、
足りないものを言い出したらきりがありません。

でも、少なくとも私が続けたいアジリティの練習は、
あの手作りの、草がいっぱい生えているフィールドでも
全く問題はないみたいです。

ウチの先生は言います。
「うちの子たちは、多少の悪条件のフィールドでも動じないから、
 強いよー(笑)」と。

私、そういう犬とハンドラーのペアであること、なんか、嬉しいな(笑)



Profile

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

訪問者

Free Access Counter Templates

Archives

Recent Comments

  • JKC競技会に参加してきました
    ama
  • ご無沙汰してます
    工藤
  • ご無沙汰してます
    千波
  • ご無沙汰してます
    工藤
  • お久しぶりです、元気にしてます
    ちなみ
  • お久しぶりです、元気にしてます
    工藤
  • お久しぶりです、元気にしてます
    あきさゆゆ
  • ご無沙汰しています
    ぼす。
  • プントさんの疑惑
    ちなみ
  • プントさんの疑惑
    ぼす。

Sponsored Links

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM